外国人雇用の駆け込み寺?

著者:worldwalkers

外国人雇用の駆け込み寺?

宮城県内、仙台市内で外国人雇用のサポートを行っているワールドウォーカーズには、おかげさまで連日のようにお問い合わせや相談を頂いております。

最近はメディアでも技能実習生が取り上げられるようになったので(個人的には『ネガティブな報道でもいいから、技能実習制度の露出度を上げるように』という大いなる力が働いているのではないかと想像しています)、実習生受入れについての問い合わせは減りました。
あとは監理団体も積極的にアピールしているからなのでしょうね。

そのかわり多くなってるのは「外国人のアルバイトを雇っているけど、うまくいかないのはどうしてだろう?」というご相談。

日本語学校に問い合わせ、学校から紹介してもらっているのに数日で退職。
かわりの生徒をお願いしても、なかなか集まらない。

日本語は通じているはずなのに、教えたこととやっていることが違う。

何も言わずに何日も来なくなる。

前にも書きましたが、仙台市内の日本語学校や専門学校は、全国で見てもかなり真面目に取り組んでいます。ためしに「ちょっとぐらいいいですよね?」とお目こぼしをお願いしても、絶対に首を縦に振りません。
それだけ留学生に対して真摯に取り組んでいるのです。

よく報道されるような、生徒をアルバイト先にあっせんして授業もまともに受けさせなかったり、学校の認可を得るための申請内容と大きく異なる(せまくて授業できるような教室ではない、先生が日本語を教えられない、など)という悪徳学校は皆無です。

にもかかわらず、雇用先でトラブルが起きるのは何故でしょう。
ひとつは、先に書いたように「学校が教育に熱心だから」です。
学校は日本語を教える教育機関であり、アルバイト学生をあっせんする職業紹介所ではないのです。当たり前ですが、きちんとした授業を行い、生徒のレベルアップに注力すれば、アルバイトのことは二の次になります。

多くが苦学生の留学生にとってアルバイトは必要ですし、安心して日本で生活するためにも必要なことですが、彼らの本分は学業です。
学校もそこに応えなければ、本末転倒です。

ということは、学校も生徒を紹介するので精一杯で、アルバイトの心構えをはじめ本人の能力と職種のマッチングといった部分までは対応しきれないのです。

たまに「学校は対応が悪い」「無責任だ」とおっしゃる方もいますが、それだけ授業や教育に力を注いでいる表れだと思います。

だからこそ、ワールドウォーカーズでは学校の方々が出来ないことを行っています。

どんな仕事なのか、どんな人に向いているのか、気を付けるべきことは何か。

技能実習が研修だった頃から多くの外国人をケアしてきたスタッフもいます。
留学生として来日、高度人材として最前線で働いた経験のある者もいます。

学生も会社もお互いがハッピーになるためには「餅は餅屋」という諺もあるように、ぜひともワールドウォーカーズにご相談下さい。

著者:worldwalkers

外食産業に追い風?

仙台入管では留学生を来日させるための申請手続きが順調のようで、ほとんど不許可(不交付)になることはないそうです。

つまり、次々と新しい外国人留学生がやってくるわけです。
ちなみに東京入管の場合ですと、その真逆に近いそうです。
主観的な意見ですが仙台の日本語学校、専門学校は学校全体としても、先生や職員の方も誠実で一生懸命な方々がほとんどです。

留学生の多くが生活費を稼ぐためにアルバイトをしています。
みんな苦学生なんですね。
逆にアルバイトをした形跡がないとビザの更新時に「いったいどうやって生活費を捻出していたのか?」と、何やら疑われることもあるそうです。

仙台の外国人留学生の多くは、仙台市および近郊の工場、コンビニ、飲食店で働いています。日本人の働き手が減った今、留学生たちの力をあてにしている方々も多いでしょう。

しかし留学生は「学業を優先しなさい」ということもあり、働ける時間には制限がありますし、アルバイトばかりして勉強がおろそかになって学校を休みがちになったり成績が落ちたら、ビザの更新にも悪影響を及ぼします。

「今日は、この時間から忙しくなるのに」と惜しみつつ、帰宅を促す方々を数多く見てきました。

そんな方々の救世主となるのが「特定技能」です。
特定技能の在留資格をもつ外国人は、フルタイムで働くことが出来ます。
いまのところ更新しても5年までと決まっていますが、技能実習生のような受け入れ人数制限もありませんから、定期的に雇い入れることで必要な人員を安定的に維持できます。

「じゃあ、留学生のアルバイトには辞めてもらった方がいいの?」
という質問もありましたが、辞めてもらう必要はありません。
もし、学生たちが「卒業しても、このお店で働きたい」というのであれば、卒業後、特定技能の在留資格に切り替えられるようにすればいいのです。

条件はふたつ。

外食業界の専門試験に合格すること。
日本語能力試験でN4以上に合格すること。

「これで5年間、ずっと働いてくれる!」
と安心するのは、まだ早いです。

特定技能は何かと技能実習制度と比較されますが、特定技能の場合、送り出し機関も監理団体も介在しませんから、雇い入れた会社が自分で何もかも取り組まなければなりませんし、そのうえ「転職」に制限がありません。

倫理上は別としても「明日で辞めさせてもらいます」と出ていく可能性もあります。そういうトラブルをできるだけ避けるためにも「支援機関」のサポートやアドバイスを受けた方がいいでしょうし、できることなら、学生のうちから密なコミュニケーションをとっておいた方がいいでしょう。

ワールドウォーカーズでは留学生の雇用から、日々の管理、学生たちに対するメンタルヘルスなどのサービスをご用意しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

著者:worldwalkers

人手不足による倒産

先日「人手不足による倒産」が報道されていました。
10年くらい前は
「いまの若者たちはキツい仕事を嫌う」
「3K職種には人が集まらない」
「外国人研修生(当時)に来てもらうしかない」
という雰囲気でした。

しかし、データで見ていくと少子化は既に数十年前、1970年代のベビーブームが終わってから始まっています。
小中学校のクラスの人数、クラスの数がどんどん減っていたわけですから、冷静に分析すれば分かっていたことなのです。

ワールドウォーカーズの事務所がある塩釜市でも、近隣の小学校は30年、40年前と比べると児童生徒数は大きく減っています。
50歳前後の方々がおっしゃる「自分たちのころより半分になった」という声もオーバーではありません。

ということは、今まで100人のスタッフで回していた仕事に50人しか集まらないことになります。
とんでもない人手不足です。

その話をしたら、ある経営者の方は
「そこまでひどくないでしょう。折からの不景気で、会社も閉めている先が多いわけだし。適正な数になっているんじゃないの?」
とおっしゃいました。

はたしてそうでしょうか。

これらは、宮城県の経済センサス活動調査確報集計結果(平成24年と平成28年)を比較したものです。
平成24年と28年で若干書式が変わっているので、見づらいかもしれませんが内容は同じです。4年間で事業所数と売上金額がどう変化したのか、比較することが出来ます。

どうでしょう。
事業所数が減少したのは鉄鋼業だけですが、産業全体の売上高は上がっています。売上高が減少したのは情報通信系のサービス業ですが、事業所は増えています。

全体で言えば、働く場所が増えていて、売り上げも増えている。
収益性まで追えませんが、少なくとも仕事が無くて「閑古鳥」というのではなさそうです。
しかし、社会全体が必要としている「労働力」の確保はどんどん難しくなっていくわけです。
報道の「人手不足による倒産」が立証されることになります。

では、人材確保のためにどうしたらいいのか。

魅力ある職場の雰囲気づくり、魅力ある待遇や福利厚生。
個人的には、もうかっている企業の内部留保(たんす貯金)が多すぎて、働く人たちへ還元されないのが良くないと思っているのですが、個々の会社が魅力ある会社になっても、人材というパイの奪い合いが続くことは変わりません。

だからこそ、私どもは外国人たちの力を借りることを提案しています。
技能実習生はもちろん、高度人材、留学生、家族滞在、そして新設された特定技能。
コンビニの接客は、いまのところ技能実習では不可能ですから留学生、家族滞在の方々に頼るしかありません。
一方、これまで留学生か家族滞在に頼るしかなかったレストランなど外食産業、ホテルなどの宿泊業の方々は、特定技能という選択肢を得ました。

「そうはいっても、よくわからない」
という方もいると思います。
あるいは「外国人を雇っているんだけど、なぜか思うようにならない」という不満をお持ちの方もいるかもしれません。

私どもワールドウォーカーズは、たくさんの事例に精通しております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

著者:worldwalkers

特定技能

2019年4月から始まった「特定技能」という在留資格は、世間一般の方々が思い浮かべる「外国人労働者」のイメージとして最も近いと思います。

日本語能力試験N4、各産業の技能測定試験に合格すれば(技能実習2号の修了者を除く)、5年間日本で働くことができます。

一方、雇い入れる日本の会社は、雇用主としての法令順守をチェックされます。
従業員の社会保険加入は必須です。
有給休暇があってないようなものだったり、時間外・休日出勤手当がいい加減だったりすると、雇用できなくなります。

また雇用した外国人たちが、気持ちよく、不安なく仕事が出来るように

1.事前ガイダンスの提供
2.入国、出国する際の送迎
3.住居提供や契約する際の支援
4.生活オリエンテーションの実施
5.日本語学習のサポート
ほかにもありますが、これらの支援が義務付けられています。
もし、それが出来ない場合、登録支援機関に支援の全部または一部を委託できます。

ワールドウォーカーズは「登録支援機関」ですので、これらの支援を行うことができます。

著者:worldwalkers

休業のお知らせ

いつもお世話になっております。
さて、10月3日(木)~10月6日(日)まで、茨城県で開催される
「第74回 いばらき国体」スポーツ・クライミング競技の宮城県代表監督として出場いたします。
https://www.ibarakikokutai2019.jp/kokutai/games/climbing
競技のルール上、大会期間中、監督・選手の携帯電話は主催者に保管されますので、対応が出来なくなります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

なお、お急ぎの場合は、メールでご連絡頂ければ、夜のうちに返信することは可能です。
ただし、複雑な内容におかれましては、10月7日(月)以降となりますので、その点、ご了承ください。

最後になりましたが、宮城県代表選手の応援、よろしくお願い申し上げます。
https://japangamestv.japan-sports.or.jp/channel.html?ch=120078

著者:worldwalkers

問い合わせが急増しています

技能実習生や留学生アルバイトの相談件数が多かったのですが、最近は、特定技能についても問い合わせが。

さまざまなニーズにお応えできるよう、サービスを充実させてまいります。

著者:worldwalkers

いばらき国体に出場します!

いばらき国体

毎年のことですが、弊社代表は国民体育大会スポーツ・クライミングチームの宮城県代表監督として男子チームを率いています。
今年度は、成年男子の監督として出場。
7月に福島県で開催された「東北ブロック大会」では成年男子は6県中2位。
最終的には岩手県と同点優勝しました。

そこまで頑張っているチーム宮城ですが、資金難で国体にフィジカル・トレーナーを帯同できずにおります。国体は最大3日間連続で試合に出場するため、選手の身体には、かなり疲労やダメージが蓄積されます。

昨年度、トレーナーなしで東北総体に挑んだ結果、成年女子選手が肩を亜脱臼。
ケガをおして福井国体へ出場したのですが症状が悪化、手術をすることに。
まだ、その傷も癒えぬまま出場しましたが、見事に1位通過。
さすが、元ナショナルチーム代表選手です。

このほか、今大会には、塩釜市在住の少年男子選手も出場します。
日本人の誰もが成し得なかったスピードクライミングの国際公式戦で初めての表彰台をもぎ取り、今年度は日本ユース代表としてイタリア、中国、インドを転戦する予定です。

ほとんど「ドリーム・チーム」といっても過言ではない今年度のチーム宮城ですが、資金がないのが珠にキズ。

宮城県民の皆さん、ほんのお気持ちでいいので、彼らを支援して下さい。
よろしくお願いします!

ちなみに、募金箱は、以下のクライミング施設に設置予定です。

大崎市 クライミングジム・ビーナッツ大崎古川店
泉区  モーメント
若林区 ズィーボックス
青葉区 クライミングジム・ビーナッツ
宮城野区 クライミングジム・BOLZ
名取市 モーメント仙台南店
名取市 クライミングジム コーティ

著者:worldwalkers

NEW PROJECT

現在、新しいサービス構築に向けて準備を進めています。
もう少しお待ち下さい。

それから、あまり表だってお知らせしておりませんでしたが、弊社代表は、ある技能実習監理団体で「技能実習計画指導者」として、実習実施者の技能実習計画を作成するうえでのアドバイスを行っています。

技能実習制度 移行対象職種・作業のうち、経験が無いのは「漁船漁業」「空港グランドハンドリング」くらいのものではないでしょうか。
はじめて制度に関わったのが2005年で、計画作成だけではなく、入国直後の講習、実習生を受入れる事業所への巡回指導、監査、実習生本人への生活支援、生活指導などを経験しております。

ワールドウォーカーズを立ち上げた後も、複数の監理団体で理事をはじめとする役職者として携わっております。

さまざまなニーズに応えられるよう、これからもサービスの充実をはかってまいります。

著者:worldwalkers

仙台カップ 2019

今年もいよいよ仙台カップの時期がやってきました。
仙台カップとは、山岳競技もといスポーツ・クライミング競技の宮城県国体代表選手を選考するための競技会です。
同時に、ユース選手の推薦選手を決めるための試合でもあります。

アットホームな雰囲気ではありますが、本気度の高い試合で、国体代表を経てスポーツクライミングのナショナルチーム、つまりは日本代表になった選手もおります。

詳しくは、宮城県山岳連盟公式Facebookページを見てもらうとして…
今回、仙台カップについて書いたのは、少しでも多くの方々に参加頂きたい、というのもあるのですが、大会要項などの書式(pdf)がFacebookだと仕様の関係上、掲載できないのです(仕方なく画像ファイルにしてダウンロードしてもらっています)。

PDFじゃないと不便な方もいるので、当社のサイトに置かせて頂きました。
以下、クリックしてお使い下さい。

【大会要項】
【エントリー用紙】

【宮城県山岳連盟 代表選考基準】

【宮城県山岳連盟スポーツクライミング部選手登録用紙】
【宮城県山岳連盟スポーツクライミング選手規範】
【選手登録の流れ】

著者:worldwalkers

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さんざん報道されておりますように、外国人が日本で働くことに対する「法整備」が様変わりしようとしています。
私どものように「外国人研修生」の頃から制度に関わってきた者としては「いまさら感」が強いのですが、知る人ぞ知る制度だった外国人を合法的に雇用する仕組みが、システムの是非も含めて表面化して、たくさんの人たちから注目されることは、決して悪いことではないと思っています。

弊社としましても、日本の会社が外国人を適法・適切に雇用するため、知識だけではなく、心構えなども含めて、これまで以上のサービス向上が必要であると認識しております。
みなさまに安心してご利用いただけるよう、邁進してまいりますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

なお、2019年の業務開始は1月7日からとなります。
よろしくお願い申し上げます。