カテゴリーアーカイブ ビジネス

著者:worldwalkers

外国人を雇う前に…

人手不足の波は、ここ宮城県でも深刻です。
弊社にも相談のお問い合わせが多数よせられております。

一方で気になるのが、外国人に対する我々日本人の考え方です。
少し前に面談した方ですが
「ベトナム人がいいって聞くんだけど…」
「○○人はあまり良くないらしいね」
とおっしゃっていました。

気持ちは分からないでもありません。
私自身、中国人、フィリピン人、タイ人、ベトナム人…その他諸々の「就労できるビザ」をもった1000人以上の外国人と関わりを持ちましたから、それぞれの国民性があることも確かではあります。

しかし、断言できます。

「○○人だから、いい」

「○○人はダメ」

ということは、ありません。

お笑い大好きな関西人が、全員、社交的で二言目には面白可笑しいことを言うわけじゃありません。
東北人だって「朴訥」としたイメージを勝手に植え付けてますけど、真逆の人たちだって少なくありません。

それに「○○人は嫌だ」「○○人を雇いたい」という方が、どれだけその国の人と接したことがあるのか、と話を掘り下げてみると、ほとんどの場合、数名としか関わりをもたないか、あるいは「近所の会社から聞いたから間違いない」など、当てにならない情報ばかりです。

一方、すでに外国人を雇用されて、上手に仕事を回している方。
「うちみたいな田舎の会社に来てくれるだけでありがたい」
と感謝の心で彼らを迎えてくれています。
「○○人はダメ」と頭から否定される事業所は、高確率であまり良い雇用状況にはならないようです。

もちろん、合理的で前向きな理由があるならOKです。
たとえば
「うちではベトナムから輸入している原料もあり、何かの折、母国語が使える人がいると助かる」
「従業員に英語を覚えさせたいので、英語が母国語の人がいい」

あとは、これ全般に言えることですが…
「外人(ガイジン)」という方が責任者だったりすると、後々苦労します。
どういうわけか、あまりうまくいきません。
「外国人」と言ってみて下さい。
それだけで、雰囲気が変わりますから。


著者:worldwalkers

残暑見舞い申し上げます

一時期、過ごしやすくなったと思いましたが、今年の夏は勢いがありますね。
さて、世の中がお盆休みの間、弊社も夏休みを頂いておりましたが、問い合わせの対応などはひっそりと続けておりました。

メディアなどで取り上げられる機会が多くなったこともあり、外国人の雇用について相談を頂戴します。
弊社では、さまざまな形での外国人雇用をサポートしております。

たとえば…

アルバイトで外国人を雇用したい
正社員として外国人を雇用したい
すでに働いている外国人のビザをどうにかしたい
技能実習生を受入れたい

まずは、お気軽にご相談下さい。
問い合わせは、こちらからどうぞ


著者:worldwalkers

浦戸の花物語プロジェクト様にアプリを導入いただきました

弊社では、現在、「塩釜びいき」のサービスを行っております。
「塩釜びいき」とは、法人個人問わず、塩釜市内もしくは塩釜に御縁のある事業所、店舗、スクールなどの方々に、

SHOP FAN APP(ショップファン・アプリ)を6ヶ月無料で提供する限定サービスです。

今回「浦戸の花物語プロジェクト」様に、アプリを導入頂きました。
おもに、花薫る喫茶処 蕾(本塩釜駅近く、プチパレの2階)でお食事やコーヒーをご利用頂くのに便利なアプリです。
そのほか、来店予約、現在はサービス準備中の通販などにも対応しています。

iOSの方はこちら から、Androidの方はこちら からインストールできます。

なお、弊社がリリースするSHOP FAN APP は、1から開発チームが製作に当たりますので、細かい仕様変更、機能追加などが可能です。
特にAndroidをご利用の場合、取引先だけと使いたい利用者完全限定アプリの製作も可能です。
BtoCで多くの方々に使って欲しいスマホアプリ、B to Bで限られた方向けのスマホアプリ、どちらも承ります。

お気軽にお問い合わせ下さい!

著者:worldwalkers

Shop Fan App について

いま、私どもが力を入れているサービスとして、スマートフォンのアプリ開発があります。
特にB to Cビジネス(レストラン、カフェなどの飲食店、ファッション関係、楽器店などの販売店、スポーツジムなどのサービス業)への提供がメインとなっています。

画像は、デモ用のアプリです。
一般的、標準的な機能は、このような感じです。
あとは、お店によってデザインを変えたり、要らない機能を削除したりするだけで、アプリは完成します。
お客様からは「もう出来たんですね」「早いですね」と驚かれることもあります。

でも、大事なのはアプリをつくって、PlayストアやAppストアでリリースすることではありません。

ホームページやアプリを「デジタル世界の看板や名刺と思って頂ければ」と営業する会社もあるようです。
でも、名刺だって人と出会い、話をして、そのことを覚えてもらうために渡すものです。
箱に入ったままでは何の役にも立ちません。

アプリをどうやって運用すればお客さんを呼べるのか。
リピーターを増やすためには、どんなアイディアが必要なのか。
ユーザーの方々とは、いつもそのような意見交換をさせて頂いております。

「本当にうちの店で使えるんだろうか?」
「複雑そうで使いこなせないんじゃないだろうか?」

まずは、お問い合わせ頂ければ幸いです。

著者:worldwalkers

会社が外国人アルバイトを求める理由 宮城県編

宮城県で外国人の雇用サポートを行っているワールドウォーカーズです。
これまで、食品製造業、水産加工業、物流業、英会話教室などの方々が外国人を雇用するためのサポートを手がけておりました。
4月になると、事業所様からの問い合せが非常に多くなります。

デフレ脱却になかなか成功しない日本ですが、低空ではありますが、それなりに安定しているように見えます。
各企業からも「決して良いとは言えないが、それほど悪いわけでもない」という声も寄せられます。
ただ、なかなか働き手の確保が難しい、というのが各社共通して言えることです。

製造業のある企業では、従業員の高齢化が進み、健康上の理由でリタイアする方が増えているそうです。
そのかわりに若い方が入社するかというと、求人を出してもレスポンスは悪く、次第に従業員は減っているようです。

とはいえ、いきなり、外国の方を雇用すると、人事や総務の方々に別の仕事が多くなり、なかには、そのためだけに四苦八苦するという本末転倒な事例もあるようです。

われわれ、ワールドウォーカーズは宮城県内の事業所様に、外国人の適法、適正な受入れについてサポートおります。
お困りの際は、ぜひ、お問い合わせ下さい。

著者:worldwalkers

塩釜起業相談所

塩釜・多賀城・利府・松島・七ヶ浜の2市3町の方々を対象に「塩釜起業相談所」が開設されました。

起業というと、いろいろなスキルや知識を何年も勉強して、それこそMBAで莫大な時間と労力を費やした人だけが考えることであり、漠然と「自分で何か仕事が出来たらいいのにな」なんて考えることすら許されない、と敷居の高さに尻ごみする方も多かったと思います。

あるいは「これが好き」「これが得意」というものがないという理由から、起業を諦めている方も少なくないのではないでしょうか?

もちろん、起業するからには、相当の準備や事業計画は必要です。

だからといって、必要以上に怖がったり、目をそむける必要はないと思っております。

特にここ数年、副業を認める事業所も増えてきておりますので、まずは、内職のようなことから始めてもいいかもしれません。

そういう方々を応援するため、有志で立ち上げたプロジェクトです。

興味のある方は、Facebookの公開グループに参加してみてください。

 

 

 

著者:worldwalkers

シンガポール渡航

東日本大震災に襲われた2011年、まだ復興も進まぬ中、シンガポールに滞在しました。

震災のせいで仕事が激減したこともありましたが、復興のためにシンガポールで東北の農水産品を手売りするプロジェクトに参加してきたのです。

あれから6年、2017年の7月、再びシンガポールへ行って参りました。

仕事上の打ち合せもあったのですが、半分はプライベート、半分は市場調査といいますか、当時から成長著しいシンガポールが、どのように変わっていたのか、見ておきたかったのです。

というわけで、現地での様子をちらほらと書きつづっておきましょう。

現地に到着してすぐ購入したのが、ezlinkカード。

電車や市バスに乗る際、キャッシュレスで支払いが出来るもので、コンビニで買い物した時の支払い、コインランドリーで支払いが出来るスグレモノ…日本にもsuicaがありますけどね。

旅行者向けというよりも、中長期滞在者向けかもしれません。

ほかにもプリペイド式で乗り放題のプランもありますので、移動の頻度や距離などで選べばいいと思います。

もうひとつ、忘れてはならないのがプリペイドSIMカード。

6年前に来た時も購入しました。

使用できる日数やデータ通信量で金額に違いがあります。

下はデータ通信で5日間まで。1日2ギガバイトまで使えます。5日で10ギガ、18ドルですから相当安いですね。

以前と違って、無料通話アプリも進化したので、日本の家族と連絡を取り合うなら、これで十分でしょう。

ちなみに、私が使用していたのは上のカード。現地で電話する必要があったので、こちらを選びました。

面白いのが、日本に帰国してからも、ローミングで電波も掴むし電話も可能という(プリペイドだから追加料金はなし)。

 

宿泊したのは中華系の人々が暮らす街だったが、すぐ近くにマレー系たちの人々が暮らすエリアがあり、丁度お祭りの時期だったらしく、クリスマスのようなイルミネーションが。

以前から街の中心部は東京も霞んでしまうような賑わいをみせていたが、郊外でもこのきらびやかさ。

もちろん、中心部はご覧の通り。

まさに「生き馬の目を抜く」ような世界です。

どちらかというと、こういうところで

こういう食事をした方が落ち着きます(笑)。