早くも下半期

新型コロナウィルスによるパンデミックから始まった2020年ですが、早くも下半期がスタートして一週間。 

弊社の「外国人雇用サポートプログラム」のお客様が多い仙台市、塩釜市、多賀城市、利府町、東松島市の方々も少なからず打撃を被っている方々がおります。

みなさん、あの手この手で「起死回生」をはかろうと懸命になっていますが、その中でも(その中だから?)「外国人を安く雇うにはどうしたらいいか」という問い合わせがあります。

少しでも人件費を抑えて利益確保したいという気持ちは、痛いほど分かるのですが、物事には限界があります。

どのような形であれ、外国人を雇用しても「最低賃金以上」の給与は必要です。経験上、給与を細かく気にされる事業所は、雇われた外国人もすぐに辞める傾向が高いです。

ある会社の社長さんの名言として、あちこちで紹介していますが、
「うちのような会社に来てくれるだけでありがたい」
という姿勢で雇用する会社では、日本人も外国人も充実した日々を過ごしています。

これから、外国人雇用を考えていらっしゃる事業主さまは、その点を重視頂くだけでも、8割はうまく行くと思います(当社調べ)。

もうすぐ国際便も少しずつ元に戻るようですから、世の中も戻ってくれるとありがたいですね。

写真は、数か月ぶりに走った東北自動車道上り方面。
蓮田SAで休憩しようと思ったら、更地になっていてビックリしましたが、実は少し先に新しいSAが出来ていたんですね。
とてもキレイになっていて驚きました。

株式会社ワールドウォーカーズでは、宮城県内(仙台市、塩釜市、多賀城市、利府町、松島町、東松島市、石巻市)の事業所様が外国人(留学生、家族滞在、技能実習生)を雇用するための支援を行っております。
詳しいサービス内容については、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください