塩釜市在住の選手が挑戦 第13回ボルダリング・ジャパン・カップ

著者:worldwalkers

塩釜市在住の選手が挑戦 第13回ボルダリング・ジャパン・カップ

2月3日・4日、東京都世田谷区で開催された第13回ボルダリング・ジャパン・カップへ行って参りました。

本業とは全く関係ないのですが、数年前から国体代表の監督としてチームを率いております…と書けばカッコイイですが、成年男子・成年女子・少年男子・少年女子と4つのカテゴリーがあり、そのうちの「少年男子」チームの監督で、ほかのカテゴリーの監督は十分なキャリアと実績を持っていらっしゃる方々なので、いわば「新米監督」です。

今回のジャパンカップには、ジャパンカップの優勝経験、ワールドカップでも表彰台に乗ったことのある、当地宮城出身のスーパースター、堀創選手、同じく宮城県出身で高校時代から数々の大舞台や日本代表として世界戦の経験もある三浦絵里菜選手、予備予選を勝ち抜いて出場権をゲットした若手のホープ渡邊昂玖選手、そして塩釜市からは、ユース日本代表として国際大会の経験もあり、今年からジャパンカップ出場の年齢15歳に達した竹田創選手が参加(竹田選手はユース選手権の成績により予備予選を免除)。

特に渡邊選手、竹田選手は昨年度の国体宮城代表チームのコンビということもあり、応援にかけつけました。

本来ならば、ここで数々の写真をご覧いただきたいところなのですが、会場内は一般客の撮影禁止でしたので、掲載できる写真がありません…

そのかわり、動画配信がありますので、こちらをご覧ください。

男子予選  女子予選 準決勝 決勝

ジムなどの施設でクライミングを体験した方ならお分かりでしょうが、難しいながらも、一般的には「登らせてくれる」ように課題が配置されています。

一方の競技は、登らせるようには出来ていますが、基本的には「ふるい落とす」ために設定されています。

この大会ルールでは、他の選手が登っている様子が分からないので、一切ヒントはありません。

壁の裏で待っている間、集中力を高めながらも、会場内の歓声は嫌でも耳に入ってきますから「あの人、登った」とか「何回で登れたんだろう?」と気になる選手もいるでしょう。

たとえば1分足らずで戻ってきたら「こんな短時間で戻ってきて、いったいどんなやり方で登って来たんだろう?」と、プレッシャーに感じることもあるでしょう。

いまは、カメラも競技中の選手しか映しませんが、アイソレーション・エリアで隔離されている選手の様子なども挟んだら面白いかもしれません。

で、宮城県選手の結果です。

【男子】

予選は全選手を2つのグループに分けて競技を行います。

グループ順位で10位以内で競技を終えれば、準決勝に進出できる、というルールです。

 

堀選手が予選5課題中、3課題を1回で完登、残る1課題のボーナス保持(登れた、登れない、だけで判定すると同率順位の選手が横並びになるので、途中にボーナス表記されたホールドを配置、そこまで達した場合、登れなくても評価される)でグループ9位、総合17位で予選を突破。
ただ、準決勝は、4課題中完登0、ボーナス4で総合12位。決勝には進めませんでした。

渡邊選手は予選5課題中、1課題を1回で完登、ボーナス3。グループ順位23位、総合46位で予選敗退となりました。

竹田選手は、予選5課題中、3課題を1回で完登。ボーナス3でグループ順位11位。
あと1つボーナスを1回で取れれば、堀選手に並んでグループ10位となり、準決勝進出だったのですが、惜しくも予選敗退。
本人は「線の下」で終わったことで相当悔しがっていました。

参加した中高生のなかではトップの成績でしたので、春から始まる数々のユース大会で成績を残し、若手の日本代表枠を勝ち取って欲しいところです。

 

【女子】

三浦選手は、予選5課題中、1課題を1回で完登、ボーナス5でグループ25位、総合49位で予選を終えました。
社会人になって、なかなか練習に打ち込む時間もなく、上手な調整が出来なかったと語っていました。

 

ワールドカップで世界を相手に戦う選手を選ぶための選考会ですから、厳しい試合になることは仕方ないことです。
ある選手は「世界への扉が開かなかった」とこぼしていましたが、ここで扉をこじ開けようとするくらいでは世界では戦えません。

ノック無しで、ずかずかと踏み入ることが許されるくらいの実力を身につけ、世界の選手たちと堂々と渡り合って欲しいと思います。

弊社でも非公式ながら、そして極めて微力ながら、スポーツ・クライミングの選手たちをサポートしていきます。
2018年も始まったばかりです。
がんばっていきましょう!

著者:worldwalkers

塩釜うまいもの通信

何年か前から、塩釜BTC英会話教室の鈴木さんと一緒に、塩釜うまいもの通信というサイトを運営しています。

塩釜を中心に、多賀城、利府、七ヶ浜、松島などの2市3町の飲食店を紹介しています。

すべての飲食店を網羅しているわけではありませんし「どうして、この店が入っていないの?」というご意見もあるかもしれません。

その辺は、我々の独自の視点で選ばせて頂き「いま、このタイミングで紹介したい」というお店をレポートします。

また、Facebook版の塩釜うまいもの通信もありますので、こちらもぜひアクセスしてみてください。

 

著者:worldwalkers

外国人留学生採用促進セミナー開催

宮城県の企業限定だそうです。

https://prtimes.jp/a/?f=d4505-20180129-8539.pdf

留学生をアルバイトとして雇用している方からご相談を受けます。

「彼(彼女)をうちの会社で引き続き雇用できないだろうか?」

99%の事業所さんは「対象外」となります…つまり「正社員」として「採用」するのは不可能、ということです。

「どうして?」と驚かれる方も多いと思いますが、外国籍の方に単純労働はさせない、というのが日本政府の方針(閣議決定)です。

ここで注意頂きたいのが「単純労働」という表現で、工場での作業を思い浮かべる方も多いでしょうが、回転すし屋で寿司職人になったり、飲食店で接客をするのも同様です。

「でも、アルバイトは認められていますよね?」

そうです。アルバイトであれば、就業時間、一部の職種に制限はありますが、基本的には問題ありません。

常勤従業員として働く場合、外国人がその職場で働いたり、その職務に就く必然性、または資格がないと認められません。

この辺りはケース・バイ・ケースにもよるのですが、よく話を聞かないまま「大丈夫でしょう、ビザは取れますよ」なんていう言い方をする専門家もいるので(いったい、何の専門家なんでしょう)、要注意です。

適切で適正な方法で雇用してこそのメリットです。

著者:worldwalkers

セミナー

宮城県山岳連盟からのお誘いでセミナーに参加して参りました。

わが宮城県では各種目のチームががんばって国体総合順位トップ10を目標にしております。

私が数年前から国体チームの監督として所属しているのが、最近、五輪競技の追加種目となった「スポーツ・クライミング」。

これまで「知る人ぞ知る」といったマニアックな競技だったのですが、上部団体の日本山岳協会も、日本山岳・スポーツクライミング協会に名称変更したり、テレビ番組で取り上げられる機会も増えて参りました。

 

セミナーの話に戻りますと、講師は脳神経外科の権威、林成之先生。

著書も多数、スポーツの一流選手にも指導する方で、ビジネスマン向けの本も書いていらっしゃいます。

講演の中でピンときたのが「嫌いな人(こと)を好きになる」ということ。

これは先生の著書にも書いてある「相手の違いを認める」「意見の違う相手を真っ向から否定しない」ということにも繋がっていると思います。

競争世界、特に厳しいビジネスの世界を泳がなければならない我々は、他者との違い(差別化というやつですね)をはかるあまり、知らず知らずのうちに、自分とは違う他者を否定したり、レッテルを貼ったりします。

でも、人の物を盗んだり、他人の命や財産を奪わない限り、正義や事実は立場によってそれぞれです(ある国では「借りるよ」と一声かければ、他人の物を持っていっても構わない、という風習すらあります)。

自分とは違う意見や違う立場の人たちを否定せず、お互い認め合えば、たとえそれがライバルや商売敵であっても、憎しみ合う必要はないのではないか、と思います。大人になると、仕事やら何やらで他人とぶつかり合うことも多いのですが、相手方もまた、真剣な姿勢でのぞんでいて、それが行き過ぎているため、そう見えるだけなのかもしれません。

いろいろと気付かされた講演でした。

著者:worldwalkers

Suicaで移動

仙台の街中で複数のアポがあり、電車移動。事務所から最寄り駅まで徒歩5分、ガソリン代と駐車場代をケチってウォーキングにしてみました。

そういえば、ずいぶん昔に定期券として作ったSuicaが引き出しのなかに眠っていたのでチャージして切符がわりに使おうと思いきや「使えませんよ」といったアナウンスが流れました。

窓口行ったら「定期券の文字、消しますね」と言うので、印字が電子的に消去されるのかと思いきや、新品になって返ってきました。

これを作った頃は、機械に飲まれてたのですが、いまは、どこ行っても非接触式なんですね……

どうでもいい内容ですけど、とりあえず端末からの投稿に不具合がないかチェック。

著者:worldwalkers

小人閑居して不善をなす

英語だと Idleness is the mother of all evil.

「怠惰は諸悪の母である」

と表現するらしいです。

教養・人徳のない人間が、暇を持て余してダラダラしていると、ロクなことがない、という意味と捉えてます。

煮詰まってきたり、仕事がうまくいかなくなると、何時間も腕組みしたまま動かなくなる性質なのですが、そういう時は、思い切って外に出るようにしています。

外を歩くと、小さな発見があったり、様々な出会いがあります。

今日も、本業にフォーカスしてばかりでは絶対に出会えない方たちとお知り合いになりました。

著者:worldwalkers

塩釜神社 どんと祭

塩釜神社のどんと祭へ行って参りました。

日が落ちてから行ったせいか、ガタガタ震えながら歩きました。

寒いと言えば、こちらは前日に行った山形市。

宮城県スポーツクライミングユース選手のトレーニングでした。

こんなに雪が積もっていましたが、屋内は暖かくて過ごしやすかったです。

今年も無病息災でがんばりましょう!

著者:worldwalkers

塩釜起業相談所

塩釜・多賀城・利府・松島・七ヶ浜の2市3町の方々を対象に「塩釜起業相談所」が開設されました。

起業というと、いろいろなスキルや知識を何年も勉強して、それこそMBAで莫大な時間と労力を費やした人だけが考えることであり、漠然と「自分で何か仕事が出来たらいいのにな」なんて考えることすら許されない、と敷居の高さに尻ごみする方も多かったと思います。

あるいは「これが好き」「これが得意」というものがないという理由から、起業を諦めている方も少なくないのではないでしょうか?

もちろん、起業するからには、相当の準備や事業計画は必要です。

だからといって、必要以上に怖がったり、目をそむける必要はないと思っております。

特にここ数年、副業を認める事業所も増えてきておりますので、まずは、内職のようなことから始めてもいいかもしれません。

そういう方々を応援するため、有志で立ち上げたプロジェクトです。

興味のある方は、Facebookの公開グループに参加してみてください。

 

 

 

著者:worldwalkers

2018年 本年もよろしくお願い申し上げます

 

かなりおそくなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

心機一転、ホームページをリニューアルしました。

既存のサイトも、それなりに機能していたのですが、HTMLファイルを更新、アップロードするという従来の方法ではなく、ブログのように何処ででも更新出来た方がいいでしょう、ということでWordPressに乗り換えました。

とはいえ、いまはFacebook やTwitterなどがリアルタイムな情報発信の場となっておりますので、あまり活躍することはないのかもしれませんが、こちらの方もよろしくお願い申し上げます。

著者:worldwalkers

シンガポール渡航

東日本大震災に襲われた2011年、まだ復興も進まぬ中、シンガポールに滞在しました。

震災のせいで仕事が激減したこともありましたが、復興のためにシンガポールで東北の農水産品を手売りするプロジェクトに参加してきたのです。

あれから6年、2017年の7月、再びシンガポールへ行って参りました。

仕事上の打ち合せもあったのですが、半分はプライベート、半分は市場調査といいますか、当時から成長著しいシンガポールが、どのように変わっていたのか、見ておきたかったのです。

というわけで、現地での様子をちらほらと書きつづっておきましょう。

現地に到着してすぐ購入したのが、ezlinkカード。

電車や市バスに乗る際、キャッシュレスで支払いが出来るもので、コンビニで買い物した時の支払い、コインランドリーで支払いが出来るスグレモノ…日本にもsuicaがありますけどね。

旅行者向けというよりも、中長期滞在者向けかもしれません。

ほかにもプリペイド式で乗り放題のプランもありますので、移動の頻度や距離などで選べばいいと思います。

もうひとつ、忘れてはならないのがプリペイドSIMカード。

6年前に来た時も購入しました。

使用できる日数やデータ通信量で金額に違いがあります。

下はデータ通信で5日間まで。1日2ギガバイトまで使えます。5日で10ギガ、18ドルですから相当安いですね。

以前と違って、無料通話アプリも進化したので、日本の家族と連絡を取り合うなら、これで十分でしょう。

ちなみに、私が使用していたのは上のカード。現地で電話する必要があったので、こちらを選びました。

面白いのが、日本に帰国してからも、ローミングで電波も掴むし電話も可能という(プリペイドだから追加料金はなし)。

 

宿泊したのは中華系の人々が暮らす街だったが、すぐ近くにマレー系たちの人々が暮らすエリアがあり、丁度お祭りの時期だったらしく、クリスマスのようなイルミネーションが。

以前から街の中心部は東京も霞んでしまうような賑わいをみせていたが、郊外でもこのきらびやかさ。

もちろん、中心部はご覧の通り。

まさに「生き馬の目を抜く」ような世界です。

どちらかというと、こういうところで

こういう食事をした方が落ち着きます(笑)。