新着情報 NEWS



FIRST ACSENT JAPAN の活動を協力









 ワールドウォーカーズでは、東日本大震災によって失われた自然を取り戻すべく活動している、特定非営利活動法人 ファースト・アッセント・ジャパンへの協力をはじめました。     

あらや行政書士事務所による無料相談サービス





あらや行政書士事務所







 ワールドウォーカーズでは、在留資格変更・更新手続きに関して豊富なノウハウをもつ「あらや行政書士事務所」のご協力により「在留資格に関する無料相談サービス」を開始しました。 お問い合わせの際「ワールドウォーカーズのサイトをみた」とお知らせ頂ければ、初回相談料が無料となります。   電話 022−796−3811 月曜〜金曜 10:00〜19:00 土曜 13:00〜17:00メール:n-arayaoffice@nifty.com 

卒業おめでとうございます









 2014年3月、仙台国際日本語学校で日本語を勉強していたベトナム人学生、チィンさんに弊社から「努力賞」を授与させて頂きました。 チィンさんは、日本語だけではなく、日本の文化や社会性といった日本そのものへの理解に努めておりました。 交流のあった地域住民から大変惜しまれながら、チィンさんはIT関係の技術を身につけるため、東京の専門学校へ進学しました。 ワールドウォーカーズでは、日夜勉強に励む海外からの”ワールドウォーカーのみなさん"を応援していきます。 

世界一周自転車旅行









 2013年8月、宮城県の小笠原優祐さんが、自転車による世界一周の旅に出発しました。 自分の力だけでペダルをこいで目の当たりにした景色は、TVや本で目にするものとは、まったく違うものとして目に 映ることでしょう。 これまでの概念や価値観が大きく変わることもあるでしょう。 弊社では個人の海外進出も積極的に支援します。 地元宮城のWORLD WALKERとして、頑張ってほしいと思います。  

TTA塩竈支部設置









 4月30日、弊社内にTTA(東北多文化アカデミー)グループの塩竈支部を設置しました。 TTAグループとの連携により、海外進出支援事業の強化をはかります。 東北地方と海外を結ぶための強いパイプを構築してまいります。    

東北大学でお話させて頂きました
















 1月中旬、東北大学の多文化クラスで「日本で生活する外国人」をテーマにお話をさせて頂きました。  今回は、特にブルーカラー層の外国人にスポットを当てさせて頂きました。 震災以前、年間10万人もの外国人労働者が入国していることに、学生さんたちは意外そうな表情でした。 こうした人々が日本の産業を支える一助になっていながらも、なかなか日の目を見ないのは何故か? ドラマやマンガでは、簡単に外国人が日本で働くシーンが描かれているが、そんなことが可能なのか? といったところから始めて、どんな外国人が、どうやって日本へやってきて、どんな仕事をもち、どんな生活を送っているのか、帰国した後は何をしているのか、など東南アジアからやってきた人々の話をいくつかご紹介しながら、現状を知ってもらいました。 80人もの学生さんを前に、90分もお話をしなければならず、ネタ切れになるのではないかと思いましたが、思いのほか内容が多く、最後には先生の「巻き」が入ってしまいました(笑)。 今後も、いろいろな「ワールドウォーカー」な人々にスポットを当てていきたいと思います。  

シンガポールで「みちのくフェア」のお手伝いをしてきました






 少し古い話なのですが…  2011年12月、東日本大震災で被災した石巻市の水産加工業、山徳平塚水産株式会社の平塚社長と共に、シンガポールの伊勢丹で開催された「みちのくフェア」に出展しました。 山徳平塚水産の工場は津波で全壊したのですが、協力工場に生産を依頼し、限られた数ではありましたが、サバの煮物やおでんを販売いたしました。 

バナースペース

.