本文へスキップ

仙台ジュニアクライミングクラブ SJCC


株式会社ワールドウォーカーズは、宮城県の小中学生を対象とした、仙台 ジュニア クライミング クラブ(SJCC)を応援しています。

クライミングとは・・・?

ここで言うクライミングとは「登山」ではなく、フリークライミングという、道具を使わず、自然もしくは人工の壁を登るスポーツを意味します。ヨーロッパやアメリカでは競技人口も多く、ご存知の方もいらっしゃるように近年は、オリンピック競技の種目として候補に挙げられるほど人気が出ております。

 


危険じゃないの・・・?

結論からいうと…危険をはらんだスポーツであることは否定できません。
不幸な事故は後を絶ちませんし、まして、自分の背よりも高い壁を登るスポーツです。
落ちたら危険じゃないのか?という疑問が出るのは当り前です。

クライミングジムと呼ばれる施設には、床一面に落下衝撃を吸収するマットを敷いております。
棒高跳び、走り高跳びで使うマットをイメージしてもらえばよいかもしれません。
たとえ、落ちたとしても固い地面に落ちるわけではありません。
しかし、落ち方が悪ければ怪我をすることもあります。

また、リードクライミングと呼ばれる10m前後(もしくはそれ以上)の壁を登る場合もあります。
身体にロープをつないで登りますので、失敗しても下で支えてくれている人がいます。
ただし、ロープや安全装置等が安全を確保してくれるのは正しい知識と技術があってこそ。
いい加減な、あるいは間違った方法で用具を使用すれば、大怪我の原因になります。

仙台ジュニアクライミングクラブ(SJCC)では、登るための技術はもちろん、事故がないように登るためにはどうすればいいのか、しっかりと身につけてもらいます。

【試合直前のミーティング】              【外岩も登ります】

どんな活動内容なの?

仙台ジュニアクライミングクラブ(SJCC)では、宮城県もしくは仙台市が所有する公共のクライミング施設を貸し切って練習しております。

現在は一週間に1回(土曜日もしくは日曜日)、参加する子供たちのレベルや体力に合わせて練習します。
ほかにも、民間のクライミングジム、県外の施設などで登ることにより、より多くの経験を積んでもらいます。
年に何度かは、合宿形式で遠方のジムで登ることもあります。
これは、仙台ジュニアクライミングクラブが「競技者」の育成を目標にしているからです。

東北地方のジムで開催される試合はもちろん、地方予選を経て全国大会へ…というような大規模な試合(クライミングでは、コンペと呼ばれます)にも積極的に参加しております。

小学生ながらも、キッズやジュニアカテゴリーでは物足りず、高校生や大人と同じカテゴリーに出場して、見事、表彰台に上っているメンバーもいます。

※赤い字で表記しているのが、高校生や大人と同じカテゴリーに出場した試合です。

■ 主な実績 ■
【2012年】
埼玉県 Rock Festival 2012  トップロープ 1位

【2013年】
宮城県 The North Face Cup 2013 U-10 仙台大会 2位
宮城県 The North Face Cup 2013 Division 4 仙台大会 優勝
埼玉県 The North Face Cup 2013 U-10 総合6位(準決勝進出)
埼玉県 The North Face Cup 2013 Division 4 総合3位(決勝進出)
岩手県 第5回太野隆夫杯争奪 IWATE SESSION 2013 ビギナー高校生以下 男子の部 優勝
福島県 Drop-in ボルダリングコンペ2013 キッズ 2位
福島県 diverse rock climbing bouldering session vol1 ビギナー 総合5位
福島県 diverse rock climbing bouldering session vol1 ミドル  総合6位
東京都 Five Ten Cup 2013 U-12 総合6位
宮城県 仙台カップ キッズ  総合優勝(ボルダリング競技 3位 リード競技1位)
宮城県 仙台カップ ジュニア 総合4位
宮城県 仙台カップ ビギナー 総合3位(ボルダリング競技 3位 リード競技2位)
埼玉県 Rock Festival 2013 キッズミドル 6位
宮城県 Brand New Stone カテゴリ2 4位
宮城県 The North Face Cup 2014 仙台 Zi; Box 戦  U-8 8位
宮城県 The North Face Cup 2014 仙台 Zi; Box 戦 U-10 7, 8,10, 14位  
宮城県 The North Face Cup 2014 仙台 Zi; Box 戦 U-12 2位
山形県 鷹山壁登り大会 キッズ 優勝

【2014年】
埼玉県 The North Face Cup 2014 U-12 総合5位(準決勝進出)
福島県 Drop-in × 信太Cup 男子ミドルクラス 優勝
宮城県 二総クライミングコンペ 小学生チャレンジ大会 低学年の部 3・4位
    二総クライミングコンペ 小学生チャレンジ大会 高学年の部 2・3・4位
岩手県 第6回太野隆夫杯争奪 IWATE SESSION 2014 ジュニア男子の部 第2位
    第6回太野隆夫杯争奪 IWATE SESSION 2014 ビギナー高校生以下 女子の部 優勝
    第6回太野隆夫杯争奪 IWATE SESSION 2014 ミドル 高校生以下 男子の部 優勝  

福島県 福島県総体予選会リード (成年女子の部にオープン参加) 2位記録
福島県 福島県総体予選会リード (成年女子の部にオープン参加) 4位記録
福島県 ディバースロック ミニコンペ ミドルクラス 3位
宮城県 仙台カップ2014 ルートクライミング キッズ 2位
    仙台カップ2014 ルートクライミング マスター 優勝
    仙台カップ2014 ボルダリング キッズ 4位 7位 8位 10位
    仙台カップ2014 ボルダリング ジュニア 4位 6位 7位 8位
    仙台カップ2014 ボルダリング    マスター 優勝(マスター部門 総合優勝)
    JOC(ジュニアオリンピックカップ)2014 宮城県代表選手選考競技(1位、6位)
    ※仙台カップは第69回国体宮城県予選会として開催されております。
山形県 第69回国体山形予選会 少年男子の部 リード種目 優勝 (オープン参加)
                   同ボルダリング種目 第3位(オープン参加)
埼玉県 Rock Festival 2014 キッズオープン 5位
埼玉県 Pump 1 川口店 B-jr.2014 U- 8 女子優勝
    Pump 1 川口店 B-jr.2014 U-10 男子5位
    Pump 1 川口店 B-jr.2014 U-12 男子2位・11位・16位
    Pump 1 川口店 B-jr.2014 U-15 女子6位
青森県 弘前市ラットウォール Climbing Festival 2014 男子ミドル 優勝
福島県 ディバースロック Diverse Rock Climbing Bouldering Session Vol.2 男子ミドル 2位 
宮城県 The North Face Cup 2015 仙台 Zi; Box 戦  U-8 2位 (本戦出場権獲得)
宮城県 The North Face Cup 2015 仙台 Zi; Box 戦 U-10 4位 (本戦出場権獲得)
宮城県 The North Face Cup 2015 仙台 Zi; Box 戦 U-12 2位 (本戦出場権獲得)9位 
千葉県 千葉県民体育大会 山岳競技 10位 36位
宮城県 二総クライミングコンペ小学生大会 エキスパート高学年 優勝・5位
    二総クライミングコンペ小学生大会 エキスパート低学年 5位   
栃木県 栃木クライミングカップ2014 (リード競技) エキスパート 2位
    栃木クライミングカップ2014 (リード競技) ミドル5位


【2015年】
宮城県 Zi;Box GIG Session Vol.5  優勝、16位、19位 ※団体戦

 
【SJCCのメンバーの多くが表彰台経験者】        【遠方への遠征もあります】
 
【大きな大会でも表彰台に】              【合宿も開催されます】
 
【メンバーがつくった課題で模擬試合】          【ミドルクラスに出場、大人を負かして優勝】

誰が教えているの?

仙台ジュニアクライミングクラブ(SJCC)の主宰、佐藤優哉は、国体山岳競技の宮城県代表として活躍するほか、数々のコンペでも優勝経験をもち、日本各地のクライミングジムや試合主催者の依頼により、セッターとして多くの課題を作成しております。

また、仙台ジュニアクライミングクラブの理念に賛同いただいた、山間部の岩壁(外岩)での経験豊富なクライマーや、現役の国体代表選手たちが指導に当たっていただいております(2014年内には、日本体育協会公認山岳指導員(スポーツクライミング)の有資格者が指導いたします)。

競技志向のクラブではありますが、外岩でのクライミング、ご希望によっては、過酷なアルパインクライミングの個別指導にも対応しております。

※セッター
壁には色とりどりの樹脂製のでっぱり(ホールドと呼ばれています)が、ボルト止めされていて、その組み合わせによって登るルート(課題、と言います)が造られます。
簡単過ぎても難し過ぎても魅力のない壁になるため、セッターの力量が問われます。



【リードクライミングにも力を入れています】      【国体山岳競技選手選考会でも小学生ながら優勝】
 


どうやって参加すればいいの?

仙台ジュニアクライミングクラブ(SJCC)は、基本的に毎週土曜日、もしくは日曜日の週1回開催。
月謝は¥6000です。
2014年2月からは、平日夕方からのクラスも始まりました。
週2回コースの月謝は¥8000です。
また、定期的な参加が難しいお子さんのために「回数券」もご用意しております。

※ただし、コンペや合宿参加等の場合は日程が変更になったり、別途交通費や合宿費をお支払い頂くことがございます。

仙台ジュニアクライミングクラブ(SJCC)では、見学も承っております。
ただし、民間のクライミング施設でのスクールを実施している都合上、自由に出入り出来ない場合もございます。
開催場所や時間を含め、あらかじめご連絡を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

連絡先:070-6955-7791(担当者直通)
    sjcc@willcom.com

そのほか、仙台ジュニアクライミングクラブの公式サイト、ブログでも、随時情報を発信しております。

公式サイト http://sjcc.jp/
ブログ   http://ameblo.jp/sjcc/


 
【外岩で初段以上を登る小学生も…!】          【未来の強豪めざして頑張っています】


バナースペース

.